2008年11月14日金曜日

サイト内検索(Google Site Search)

 オープンソースのブログ、掲示板、CMSを使ってみると、簡単な検索が機能しないことがよくあります。英数半角文字の英単語だときちんと検索できるのですが、日本語検索(全角文字、漢字、ひらがな、カタカナ)をすると、「該当する記事はありませんでした」となったりします。
 Helpを開くと、文字数が何文字以下は検索対象外とか、データベースの設定の問題であるとか、いろいろな注意事項が書かれていたりしますが、英単語だと検索できて、日本語だと検索できないとすると、なにか違う問題のようです。
 私のようなIT素人が、Helpに書かれている以上のことをプログラム設定で変更するのは難しいわけで、結局はGoogleのカスタム検索をサイトに貼り付けるしかないのかなあと考えたりします。
 特に掲示板のように、大勢の方がそれぞれの言葉で書き込むような場合、自分でインデックス設定(ラベル設定とかキーワード設定とか)をして振り分けるようなことは不可能でしょうし。
 ただ、Google検索だと、当たり前の話ですが、Googleのロボットがサイト内を検索して、インデックス化したものが対象なわけです。前回、Googlebotがクロールしてインデックス化した以降の記事は検索されません。
 企業サイトや行政サイトのように、情報量が豊富で、昨日報道した資料も検索されるようにしたいような場合、この方法では難しいなと感じていました。そんなことを考えていたら日経ITproに「Google,企業向けサイト検索サービスにオンデマンド索引機能を追加」というような記事が載っていました。
 Googleの有料サービスですが、新規ページが数時間でインデックス化され、24時間以内に検索結果に反映されるのだとか。
 これならば、行政サイトなどで、記事を書いた担当者が、どうすれば検索されやすくなるかなど悩まなくても、普通に記事を書くだけで、Googleカスタム検索で検索されるようになりそうです。

 Google Site Search 検索力をアップして顧客満足度を向上
    5000ページ以内で年間100ドル。

0 件のコメント: